FC2ブログ


http://taguchibankin.blog21.fc2.com/
INTRODUCTION // 千葉県我孫子市で創業50余年になる建築板金「田口板金」の社員ブログです。


 ------ // スポンサーサイト
written by taguchibankin
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 20081218 // 40:地上デジタル放送
written by taguchibankin
<事務員S>


なんだか毎回建築板金とはなんら関係の無い内容で申し訳ありませんが、今回も関係の無い話題です…。

近頃世間話で「地デジにまだ切り替えてないの?」「ハイビジョンテレビもだいぶ安くなったし買い時じゃない?」などのような話をすることがよくありますが、私も含めてアナログ放送とデジタル放送の明確な違いを理解出来ている方って意外と少ないんじゃないかと思います。そこで地デジがどれだけ綺麗なのかを数字に表してみることにしました。

地上デジタル放送:1920×1080=約200万画素
アナログ放送:720×480=約35万画素


単純に言ってしまえば画素数が大きければ大きいほど綺麗に見えます。(体感とは違いますが、数値だけなら200万と35万では約5.7倍)しかししかーし!いくら地上デジタル放送に切り替えたところで、今度はテレビがその画素数に対応していないといけないのです。

フルハイビジョンテレビ:1920×1080=約200万画素
ハイビジョンテレビ:1080×768=約80万画素
ブラウン管:画素の概念が無いため、機種・大きさによって異なる


上記を見てもらうとわかるように、「フルハイビジョンテレビ」は地デジの映像をそのまま表示できるのに対して、「ハイビジョンテレビ」や「ブラウン管」では地デジのそのままの画質を再現できないんです。つまり、いくら地デジで200万画素の映像が送られてきても、「ハイビジョンテレビ」では80万画素までしか表示できないんですねー。最近の大型液晶や大型プラズマのほとんどは「フルハイビジョン」ですが、1.2年前のものですと、たとえ50インチでも「ハイビジョン」も多いようですし、もしかしたら200万画素のつもりで見ていたご自宅の映画も、80万画素だったりするかもしれません…。あ、うちのテレビは…
スポンサーサイト
 20081210 // 39:定額給付金
written by taguchibankin
<事務員S>


麻生総理の支持率が大変なことになってますね…。
個人的にはどこか憎めないキャラクターで好感を持っていたのですが、さすがに簡単な漢字の読み間違いはまずかったですよね…。そういえば国民の圧倒的不支持の原因になっている「定額給付金」ですが、実は世界中でも同じように配布されることをご存知でしたか?こんな馬鹿なことをするのは日本だけ!のような報道がされていますが、どこの国も似たようなものだったんですね。日本ではお金がもらえるのにも関わらず支持率は下がってしまう悲しいことになっていますが、他の国ではどうなんでしょう?聞いてみたいものです。

【今回の経済危機で各国が配る給付金の総額】
日本 約2兆円
ドイツ 約1兆8000億円
イタリア 2900億円
オーストラリア 約5300億円
台湾 約2400億円

http://www.nikkei.co.jp/kaigai/eu/20081129D2M2900U29.html
http://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20081118AT2M1803418112008.html
http://jp.reuters.com/article/worldNews/idJPJAPAN-35309120081208
 20081202 // 38:イルミネーション
written by taguchibankin
<事務員S>


クリスマスが近くなると家を電飾でいっぱいにするお家をよく目にしますが、私の家もその犠牲(?)に…。

01.jpg


02.jpg


母のディズニー好きもここまでくればたいしたもんです。近所でも有名なミッキー御殿なので、帰宅するのが少し恥ずかしいですが…。ちなみにあまり派手にはしないように私のほうからお願いしたので多少控えめにはなっています。
 20081201 // 37:気が付くと年末
written by taguchibankin
<事務員S>


決算やら年末調整やら色々忙しくしているうちに気が付けばもう12月なんですね。ありきたりではありますが月日が経過するのは早いもので、個人的な事でもあと二ヶ月もしたら子供が生まれてくるかと思うと何も準備が整っていないことに不安を覚えます…。

子供が生まれてきたら、私という「おっきい子供」と本当の赤ちゃんと二人分お世話しなければいけない奥さんは大変ですねー…。




prev new


/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。